即日1万借りる方法と金利について

即日1万借りる方法と金利について

カードローンなら即日1万円が借りられる

消費者金融や銀行が行っている「カードローンもしくはキャッシング」と言うサービスを利用すると、最短即日で1万円を借りることが出来ます。1万円と言う金額は、各カードローン・キャッシングが最低融資金額に設定していることが多いため、10万円超の融資を希望する場合と比べると比較的難易度が低く済むと言う点もメリットと言えます。ただ、全てのカードローン・キャッシングがすぐにお金を借りるk十が出来ると言う訳では無く、緊急を要する状況の場合には、あらかじめ申し込みを予定しているカードローン・キャッシングがどのくらいのスピードでお金を借りることが出来るのかをしっかりと把握しておくことが大切です。

1万円と言う少額と言えども、必要な時には高額な金額と同等の価値を持ってきます。単に「今1万円の商品を買わなければ購入機会が失われてしまう」と言った状況ではなく、1万円で人生を左右されるほどの重大な影響が出る可能性がある状況においては、金額の大きさは全く関係ありません。カードローンやキャッシングの基本的な利用方法として、まずは申込みを行った後に提供した情報によって融資が可能かどうかの判断(審査)が行われます。審査時には申込み時に提供した情報の他、個人信用情報機関に登録されている情報も活用されるため、そこにネガティブな情報が登録されている場合には注意が必要です。個人信用情報機関にはいくつかの種類があり、現状ではほとんど共通していると言えるものの、場合によっては偏った情報が評価対象となることもあり得るため、一部にネガティブな情報があるからと言って融資を諦める必要はありません。

申込先のカードローンやキャッシングがどこの個人情報信用機関に加盟しているのかに関しては、公式サイトをチェックすることで確認できます。初めてカードローンやキャッシングを利用すると言う状況であればそれほど心配はいりませんが、過去に利用した経験がある人やカードローンやキャッシング以外の信用取引を行った経験が思い当たる場合には、事前に自分で情報を照会して確認すると言う方法もおすすめです。貸金業者を利用して1万円を借りることは難しくありませんが、もしもそれが出来ない場合には「個人もしくは公的機関」を利用しましょう。わずか1万円と言えど、いずれも確実にその日のうちに借りることが出来ると言う保証はありませんが、借りられた場合の環境は貸金業者を利用する時と比べて圧倒的に優れています。

 

申し込み前に「金利」は必ずチェック

個人を利用してお金を借りる場合には関係が薄くなりますが、貸金業者を利用する場合にはほぼ必ず関係してくるのが「金利」と言うものです。要は「利息がどの程度の額になるのか」を数値で表しているもので、10%で100万円を借りた場合、何もしなければ年間で10万円の利息が発生するという計算になります。実際には毎月返済を行っていくことになる為、多少でも借入れ元金が減少するので発生する利息も10万円より少なくなります。ただ、返済・借入れ・返済という風な利用、いわゆる「天井張り付き状態」になっている場合には、ほぼ10万円の利息が発生してきます。借入れ金額が1万円であればこういった状態になる可能性は少ないのであまり心配はいらないでしょうし、同様に10%で利用した場合の利息は年間で1000円なので返済の負担はそれほど変わりません。

一般的な消費者金融系カードローンで設定されているのは、現状の実質的上限である「18%付近」が多く、17.5〜18.0%辺りで各社独自に設定しています。1万円の借入れであれば、悪くとも年間1800円程度の利息で済みますが、完済後も利用出来る状態を継続していく場合には高額融資を利用する可能性を踏まえることが大切です。

一般的な消費者金融系カードローンが18%付近であるのに対し、銀行系カードローンの場合は15%未満に設定されていることが多く、利用環境としてはこちらの方が優れていると言えます。中には10%程度で契約できるものもある為、1万円の借入れと言えども違いは大きくなってきます。継続利用の事を考えるにしても、より低い設定であることがメリットになり、複数件の契約はリスクを高めるだけなので最初の一歩で理想的な環境が手に入れられるように意識しておいた方が賢明です。

最初の契約で条件が整っていれば、仮にいずれ高額融資を利用する場合にも良い環境のままでお金を借りることが出来る様になります。また、考え方として意識しておいた方が良いポイントとしては、「実際の利用環境に照らし合わせて利息を比較する」と言うものがあります。書面上で設定されている金利が低いに越したことはありませんが、「無利息期間」などを活用することで実質的な利息額は大きく変化する可能性があります。特に1万円の借入れであれば完済までに1回もしくは2〜3回で済むことが多くなるため、無利息期間を活用するメリットが非常に大きくなります。